コグレ マミ

アトリエ × 才能発掘 ラトルチャ 主宰

オーロラ・アートセラピスト
NARD JAPAN アロマ・アドバイザー
SQC Haptic Therapist
一般財団法人 日本教育推進財団認定 コミュニケーション・トレーナー

 

洋服づくりから社会人のキャリアをスタートさせ、その後アパレル、教育、コンサル業界でオフィス業務に従事したのち人事を経験する。個人の能力がそのまま反映される事務スキルに自信を持つ一方で、仕事の良し悪しがコミュニケーションスキルひとつで左右されることに、面白味と醍醐味を知る。コミュニケーションを自己流やセンスではなく本質として学ぶことで、個人から組織の活性化へと目を向けるようになり、人との関りと自分自身のあり方を強く意識することとなる。その後、心のケアやストレスマネジメントの必要性を感じ心理学を学びはじめると同時に、カウンセリングとメンタルトレーニングの訓練を積み、知識と技術を習得した。

なかでもカウンセリングのひとつとして出会ったアートセラピーと、自身との相性の良さを直感的に確信し、アートセラピストの第一人者である加藤るり子氏に師事を受け、アートセラピーの世界にのめり込んでいく。絵を通してわかるさまざまな心の動き。そしてそこから、人が人によって癒されていく過程を、単なる学びとしてではなく自身のミッションとして自覚することになり、アートセラピストとしての活動をはじめる。

 

あいさつ

こんにちは!アトリエ × 才能発掘 ラトルチャの コグレ マミ と申します。
わたしは小学生のころ、自分を表現することが大スキで得意でもありました。
絵を描くことや本の朗読、学芸会のお芝居 等々

 

それが中学生になった途端、人前に立つことや目立つことが恥ずかしくなり大勢の中のひとりでいることを選ぶようになりました。進路を決めるときは、むかしスキだったことや得意だったことを思い出すこともなく、みんなと同じように進路を決めなくちゃ・・・という思いのみで決めたような気がします。

 

そしてそれから何年か経ち、むかしスキだった絵のことを思い出してイラストレーターを目指してみようかな・・・と思ったことがありました。しかし母の目にはこんな風に映っていたのです。「絵の上手なひとなんていくらでもいる。あなたの絵は普通よ。」こうしてわたしは普通を自覚し、イラストレーターという選択肢はあっさりと消えたのです。

 

もちろん母に悪気はありません。むしろ娘のことを思っての言葉です。自分がスキなことでその世界に飛び込んだとき、才能豊かな人々に囲まれて自信をなくすこともあるでしょう。そんな風に落ちこむであろうわたしを、ふびんに思っての言葉だったんですよね。わたしはそれまでがっかりすることがあっても、落ち込んだ素振りなど見せないようにしていたのですが、母には見透かされていたのかも知れません。

 

ずい分とまわり道もしましたが、今こうして、この場所にたどり着いたことを幸せに感じています。一方で、スキなことにもっと早くから取り組めていたら、それはそれで素敵だな・・・と思うんですよね。そしてスキなことを続けることは、時に挫折も味わうし、誰に何を言われても、自分自身を信じ抜く勇気と持続力が必要になります。トップアスリートにも使われているメンタルトレーニングをもしも思春期の頃にやっていたら、きっとスキなことや得意なことを封印しなかったんだろうな・・・とそんな風に感じています。

 

だからわたしは、アトリエ × 才能発掘 ラトルチャを立ち上げました。絵をたくさん描いて、そこからスキなものや大切に思っているものに気がついて、こんな才能があるかも知れないと自分の資質を認識する。そして普段からプラスのストロークをたっぷりと浴びることで、自分への承認が自然と出来るようになる。更に日常にメンタルトレーニングを盛り込むことによってストレス耐性に強くなり、折れないココロを育んでいく。

 

自分がもっとも自分らしくいられるように
そして同じように人のことも尊重できるように・・・

 

アトリエ × 才能発掘 ラトルチャ をよろしくお願いいたします。 コグレ マミ